• 播磨町で土地を探すなら

    一戸建てを新築するための土地を播磨町で探すのなら、敷地面積150平方メートルを基準にしてみましょう。
    建ぺい率との関係で、建築できる延床面積が変わりますが、二世帯同居住宅も含めて家族構成が三世代の場合でも、敷地面積150平方メートルの土地は基準値になるからです。播磨町は明石市にアクセスが良好な町です。

    神戸や大阪へも出かけられますし、姫路方面への交通も利便性が高いです。


    播磨町そのものは人口密度が高いので、一戸建てを新築する土地を探すのは決して容易ではありません。
    しかし中古物件としての売却物件の中には、古すぎてそのままでは住むことが困難な一戸建てもあります。

    播磨町の土地の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

    リフォームというよりも、建て替えたほうが良いのではないかという物件です。そういった中古物件は、古屋つき土地物件としても取り扱われていて、建物は残存物として扱われていて土地のみの評価額が多いです。



    取り壊し費用さえかければ、有効活用できます。
    播磨町の立地は、一年を通じて温暖な瀬戸内海に面していますので、高齢者世代の両親との同居にも、子育てにも最適な環境です。

    更地の条件ではなく、古屋か一戸建てを問わずに建物が残されている条件でも探してみると、敷地面積150平方メートルに近い面積を見つけやすくなります。地元の不動産会社でも相談に乗ってくれますが、リフォームや建て替えも含めて地元の工務店に相談すると、不動産会社で仲介取引されていない不動産を紹介してもらえる可能性も出てきます。



    播磨町で長年にわたって営業している工務店に相談すると良いでしょう。